定植が始まりました

ことしの夏は本当に暑く、いちごの苗たちにとって厳しいサバイバルになりました。いろいろな方法を試したこともあり、目標の苗の本数にあと一歩足りませんでした。

いちごの場合、苗からもランナーが出るのでそれを大きくすることもできます。当然、普通に育った苗よりも、収穫開始は遅れるのですが苗が足りなくても、なんとか挽回することができます。

写真は「よつぼし」。いちごの中では珍しく、種から育てることができる品種です。5月の終わりに播種したときには、一ミリにも満たない小さな種でしたが、7月の初めには一円玉ぐらいに。

8月の初めには、下の写真の様に大きくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です