天敵による防除

いちごの害虫は大小様々いるのですが、特に厄介なものの一つにハダニがあります。このハダニ、雑草や雑木に普通に生息している、どこにでもいる一般的な生物です。ですが、自然の中では特に問題になることはありません。それを捕食する別の生物も十分に生息しているからです。一方、いちごのハウスに入り込めたハダニにとってそこには天敵がいないうえ、いちごの株という美味しい食べ物が沢山ある楽園となり、増え放題。こうなると、農薬を使って抑えるほかありませんが、ダニのように小さな生物は薬を使っても全滅させることはできませんし、薬に耐性を持つ突然変異を起こしやすくとっても厄介です。耐性を持った個体はすぐに郡と化し、薬が効かなくなってしまいます。

そこで、最近はダニを食べるダニのように天敵をハウスの中に入れてしまう方法が取られるようになってきました。悪いダニを食べる上、いちごの株に外を及ぼさない種類のダニをわざわざ買ってハウスに散布します。これで悪いダニ、ハダニを減らして被害を最小限にします。これが天敵による防除です。

おがくずに「いいもの」のダニが混ざっています
この日は、製薬会社の方に放飼の仕方、教えてもらいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です