ミツバチの世話

いちごの生産に欠かせない働き者、ミツバチ。

ビニールハウスで育てるいちごはミツバチがいなければ、受粉ができず結実しません。

多くのイチゴ農家では、イチゴの受粉が必要な時期に養蜂家から巣箱ごと借りてハウスの中に放飼します。イチゴのビニールハウスの中にある、木の箱はミツバチの巣箱です。

木箱の中には女王蜂が一匹と数千匹の働き蜂が暮らしています。

時々、養蜂家さんがきて中の様子をみてくれます。

養蜂家さんは防護服を着ていますが、、わたしはハウスの外から撮影。

今年は暖冬なので、ミツバチたちも元気でいるようです!

これからも、たくさん花が咲きます。ミツバチくんたち、お仕事よろしくおねがいします!